リボルビング払いのデメリット

リボルビング払いは月々分割で返済していくので、一括で返済せずに済むのはメリットですが、デメリットになる部分もあります。
利用限度額の範囲内であれば繰り返し利用できますが、借りた分には利息が発生するので借入額が多くなるほど利息も増えていくということはしっかりと理解しておきましょう。
リボルビング払いはある意味便利ですが、利用する期間が長いほど利息を払い続けることになるので、ある程度返済していく時に、借入残高が少なくなったら一括で返済してしまうのもひとつの方法です。
早く返せばその分利息も安く済むので、節約になります。
業者による設定の違いもありますが、利用する金額が多くなるほど利息も増え返済する期間も長くなっていきます。
例えば月々10,000円ずつの返済でも、元金と利息の合計が10,000円になります。
10万円の利用だった場合、最初の返済で10,000円払っても、実際は利息分を引くと少し減るので借入残高は90,000円きっちりではありません。